住宅ローン返済の延滞は早めに対処を

住宅ローンの返済って延滞すればどうなるんでしょうね。 ローン返済を延滞すると、返済額に遅延損害金という延滞利息がついてくるんです。

ローン返済を延滞した場合には、その遅延損害金も合わせて払わなきゃいけないので、いつもよりも余分な金額を払い込むことになってしまいます。

延滞の理由って色々あると思いますが、ローンが落ちる前に、忘れていた自動引落の支払いがあったなど、ちょっとしたことで金額が不足して、延滞になってしまうこともありますよね。

返済期日に引落としができなかった場合には、引落としができるまで自動でずっと引落としをするところや、1週間くらいで引落としを止めてしまうところがあるそうです。

返済期日が過ぎてしまったら、遅延した分だけ利息が増えてしまうので、できるだけ早く払い込みをするようにしましょう。 お金がなくて延滞してしまった場合は深刻ですね。

もしお金が足りなくて払えそうにないと分かっているなら、前もって専門の人に相談してみるといいんじゃないでしょうか。 そうすればどういう対策をとるのがベストなのか、参考になる意見が聞けるかもしれませんから。

放っておけばどんどん事態は悪化して、差し押さえられ、競売にかけられるという最悪の事態に陥ってしまうことも考えられるので、なるべく早く手を打つようにしましょう。

 

関連サイト

住宅ローン消費税増税で損?減税と控除の方法!【金利に影響は?】
住宅ローンを借りるタイミングはいつがベストなんでしょうか。損をしない住宅ローンを組むならこちらも参考にしてみては?
www.jyutakuzeikin.com/