住宅ローンに必要な保証料

住宅ローンを組む時に必ず必要なのが住宅ローンの保証料ですよね。 住宅ローンの保証料って何かというと、金融機関の貸し倒れのリスクをなくすために払う費用なんですよね。

昔なら保証人が必要だったけど、今はこの保証料が保証人の代わりになるわけです。 住宅ローンを組む側にしても、誰かに保証人を頼むよりも、お金ですませてしまえる方が気はラクですよね。

ただ、この保証料って馬鹿にならない金額だから、それがネックなんです。 あるサイトによると、35年返済で3,500万借りる場合の保証料は約70万くらいになるそうです。 かなり高額ですよね。

住宅購入の費用が払えないから住宅ローンを組むのに、保証料を払わなきゃいけないなんて・・。 そう思う人も、少なくないんじゃないでしょうか。 この保証料は分割方式で支払うことも可能なので、70万即金で払えない場合には分割にすればいいということですが、そうなるとかなりの支払い額になってしまいます。

一括なら70万でも、分割だとトータル165万くらいになってしまうということなので、これももったいない話ですよね。 お金がない人が損をするというのは、こういうところからも見えてきますね。

住宅ローンの保証料は金融機関によって違うようなので、住宅ローンを選ぶ時には金利だけじゃなく、保証料もよく考慮して選んだ方が良さそうですね。

新生銀行住宅ローン借り換え審査対策!審査甘い?【年収基準は?】
新生銀行住宅ローン借り換えの審査の対策法をご紹介します。新生銀行住宅ローンの年収や勤続年数の基準を調べ、審査に通るためのポイントを伝授!あなたの借り換えを必ず成功させます!
www.houseloankarikaesinsa.com/